Live today

婚約破棄された男性へ。立ち直るためのアドバイスをマルチにお届けするブログ。

婚約破棄の慰謝料ってもらうべき?もらわないべき?

   

法廷

慰謝料と聞いてあなたはどう感じますか?

精神的なダメージに対してお金を気持ちを伝えるもの。程度のイメージでは無いでしょうか。確かにその通りです。婚約破棄から発生する金銭的問題・・・結婚式のキャンセル料などは財産的損害と言われます。これは婚約破棄した側が払うことが明白です。

慰謝料は金額が決まっていません。人それぞれ、立場が違うため精神的ダメージが違うためです。しかも、慰謝料をもらうことに100%メリットがあるとは言えません。

実は私は婚約破棄後に慰謝料をもらいませんでした。

慰謝料はもらうべき?もらわないべき?

その疑問にお答えします。

1.婚約破棄後に慰謝料をもらう4つのデメリット

たくさんの硬貨

慰謝料をもらうメリットは分かりますよね。お金が増えることです。しかし、デメリットを考えない人が大勢います。

実際に婚約破棄を経験した私から言わせて頂くと、以下の4点がデメリットです。

元婚約者と顔を合わせてしまう

婚約破棄後は

→ 復縁の努力をする

→ 立ち直る努力をする

のどちらかを選択しなければいけません。どっちつかずだと精神的に不安定な状態が続き、ずっと辛いままです。

過去を清算するために裁判を選ぶ人も居るでしょう。しかし、元婚約者と顔を合わせてしまうと情がわきます。もう1度何とか復縁したい、と過去の考えに戻ってしまう恐れがあります。

努力に対して慰謝料は小額

婚約破棄の慰謝料っていくらもらえると思います?

300万?500万?

いいえ、せいぜい50万円です。相手に生活力が無い場合、もらえない可能性もあります。弁護士を雇った場合、赤字になる恐れも十分あります。

行政書士工藤法務コンサルタントによると、

  • (具体例2)金700万円の婚約破棄の慰謝料請求訴訟を提起し、金50万円の支払を命じる判決が出たケースの費用
  • 弁護士着手金:700万円の5%プラス9万円→44万円弁護士成功報酬:50万円の16%→8万円
  • つまり、50万円の支払を命じる判決が婚約を破棄した(あるいは婚約破棄誘致責任がある)元婚約者に出ても、上記の例では52万円が弁護士費用と消えますから、手元に入るお金は・・・です。赤字ですね。

あなたの負担が増える

慰謝料を請求する場合、元婚約者の家族と顔を合わせる可能性があります。友人関係にも影響が出るかもしれません。

婚約破棄直後はそんなことに手の回る状況ではありませんよね。何をするにも思い出が浮かび、歩いているだけでも涙が出そうになります。

これ以上、自分に負担をかけては体調不良を起こしかねません。

復縁の可能性が無くなる

婚約破棄された相手と復縁するために必要な3つのポイントにあるように、復縁には長い時間がかかります。そして、新しい信頼関係を築かなければいけません。

慰謝料をもらったら最後。元婚約者に責任を認めさせることになりますから、信頼関係は崩れます。赤の他人以下の関係になってしまうんです。

もし、復縁を望んでいるのなら慰謝料をもらう考えは無くさなければいけません。

2.慰謝料をもらわないメリット

では、慰謝料をもらわないことにメリットは無いのでしょうか。お金以外の面で3つメリットが考えられます。この3点のため、私は慰謝料を希望しませんでした。

完全に縁を切ることができる

上記したように、慰謝料をもらう流れから元婚約者と顔を合わす危険があります。顔を合わせば、そこで立ち直ろうとしていた気持ちがゼロに戻る可能性があります。

別れた時点で全ての連絡先をカットすれば縁を切ることができます。

縁を切る・顔を忘れることが立ち直るための最良の方法です。

後悔の気持ちを与えられる

婚約破棄されると、当然ですが怒りが芽生えます。この怒りを解消するには元婚約者にも後悔してもらうしかありません。

慰謝料をもらうことは、元婚約者に「慰謝料を払ったんだし大丈夫。」という気持ちを与えかねません。その正義は元婚約者のためにもならないと思います。

あなたと同じことを他の人にもしないよう、元婚約者にも後悔の気持ちを与えるべきだと私は考えました。

立ち直るための時間が増える

慰謝料のことばかり考えていると時間がどんどん過ぎていきます。その間、婚約破棄に縛られた毎日を送らなければなりません。

スポーツジムに通うことが精神的な安定につながる3つの理由で紹介しているように、スポーツに取り組む。好きなものを食べる。新しい恋について考える。と、婚約破棄後は自分自身のために時間が必要です。

結局、婚約破棄から立ち直るには婚約破棄以外の情報を詰め込むしかないんです。もし、あなたが今後の人生を前向きに考えているのなら慰謝料をもらうより時間をもらった方が有意義です。

まとめ

私は慰謝料をもらいませんでしたが、結婚式場のキャンセル料などはもらいました。と言うより、その場でポイっと渡されたのですがw

慰謝料って難しいですよね。元婚約者に「悪いことをした」と認めさせたい反面、好きな心も残っているため複雑な心境になります。

そういう考えても結論の出ないことに心を迷わすべきではありません。疲れちゃいますから。

それよりも先々のことを考えて、自分のしたいことに時間を使いませんか?

婚約破棄直後に

1
婚約破棄された男性へ。立ち直るための4つのプロセス

当ブログをご覧になっていると言うことは、女性から婚約を破棄されたことと思います。 ...

2
婚約破棄後に楽しかったことベスト3

婚約破棄のゴタゴタが終わった後って疲れますよね。復縁も考えたでしょうし、家族や上 ...

 - 慰謝料, 婚約破棄の裁判