婚約破棄された男性へ。立ち直るためのアドバイスをマルチにお届けするブログ。

Live today

方法 婚約破棄からの復縁

復縁に必要不可欠な、女性が別れを考える2つの理由

更新日:

草原で一人の女性

お互い好きで付き合っていたわけです。女性も理由無く別れることはありません。

あなたが復縁を望むのなら女性が別れる理由を知ることが必要です。なぜなら、女性は同じ事を繰り返されると考えるからです。

 

婚約破棄ブログLiveToday(@livetoday77)です。

 

では女性が別れる理由とは何なのでしょうか。実はどんな内容でもたった2つの理由でまとめられるのです。

1.女性が別れる理由は「不安」と「寂しさ」

寂しそうなクマの縫いぐるみ

浮気や急な音信普通。別れには色んなケースがあります。

しかし、その原因となっているのは「寂しさ」と「不安」の2つです。

浮気を例にしましょう。浮気の言い訳として定番なのが、

  • 私だって寂しかったんだから!
  • お互いの時間が合わなくなったから
  • あの人は優しくしてくれた!

です。特に「私だって寂しかったんだから。」は良く聞きますね。ストレートに感情を表しています。最初から浮気心のある女性はほんの一部です。浮気は寂しさを埋めるための手段として行われます。

不安はマリッジブルーが一番分かりやすいでしょう。

結婚を目前にして「本当にこの人で良いんだろうか。」と不安を感じます。この不安を解決してくれないと「やっぱりこの人ではダメだと思う!」となり、婚約破棄につながります。

2.復縁を説得する際に伝えないといけないこと

砂浜で寄り添うヤドカリ

あなたはどのように説得して復縁する予定ですか?

「俺が間違っていた。」でしょうか。それとも「もう1度だけお願いします。」でしょうか。どちらも説得力にはかけます。なぜなら、この会話の中に女性の感情が入っていないからです。

女性は感情を大切にします。

別れを考えた時、彼女は辛かったでしょう。そして寂しかったでしょう。その気持ちを分かってあげなくてはいけません。

なので説得する際に伝えなければいけないのは、

「もう寂しくさせない。」「もう不安にさせない。」

の2点です。それを伝えてから具体的なことを話しましょう。「残業を少なくして2人の時間を作る。」だとか「他の女の電話番号は全て消す。」のような内容です。

無理をしなければならないなら、復縁は考えない方が良い

どうしても復縁したいがために無理をすることがあります。

「浮気のことは忘れる。」とか、

「1週間に1度は必ず会う」のようなことです。

恋のゴールは結婚です。結婚すれば約束を死ぬまで守らなければいけません。あなたに取って重荷になる条件があるのなら、復縁を考えない方が良いでしょう。

なぜなら、幸せな恋は無理をするものではないからです。自然にお互いを尊重し合える関係だからです。

逃がした魚は大きい。ではありませんが、男性は別れた後に彼女のことを改めて好きになります。狩猟本能が関係していると言われています。どんなに大好きな人でも手に入れてしまうと安心してしまいますよね。

あなたが彼女に「寂しさ」や「不安」を与えていた事実を忘れないで下さい。人は短期間では成長できません。時間を掛け、たくさん後悔してから改めて復縁を申し出ましょう。新しい絆を築くためには時間が必要です。

次の結婚への不安が強くて一歩を踏み出せないあなたへ

婚約破棄されたショックで恋愛に踏み出せずタイミングを逃してしまったあなたへ。

当ブログを書いている私も婚約破棄後5年苦しんで結婚しました。結婚に恐怖もありましたが、新たに守りたいものができる喜びは婚約破棄のつらさを消してくれました。

自然恋愛に不安があるのなら結婚相談所の利用も手段の1つです。現在はわずか2万円ほどで6名の人を紹介してくれます。アドバイザーとも相談しつつ、あなたの心の穴を埋めてくれる良い出会いにつながります。

どうか結婚を諦めることはやめてください。それはあなたの人生のピースを捨ててしまうのと同じです。

婚約破棄直後に

1

当ブログをご覧になっていると言うことは、女性から婚約を破棄されたことと思います。 今、あなたは頭の中が真っ白になりどうして良いか分からない状況です。そして、悲しさや怒りの入り混じった不安定な精神状態で ...

2

婚約破棄のゴタゴタが終わった後って疲れますよね。復縁も考えたでしょうし、家族や上司への報告も気を使います。友人からのアドバイスも終わり「さぁ何をしよう。」と思います。 ここで私はつまづきました。自分は ...

-方法, 婚約破棄からの復縁

Copyright© Live today , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.