婚約破棄された男性へ。立ち直るためのアドバイスをマルチにお届けするブログ。

Live today

Live todayの活動

"婚約破棄経験者の交流の場"フェイスブックのオンラインサロン。始めます

更新日:

こんにちは、Live todayの運営者「涼」です。Blue Rat Webという男性向け情報メディアの編集長(@Blue_Rat_Web)もしております。

 

婚約破棄ブログLiveToday(@livetoday77)です。

 

当ブログを運営していて

 

婚約破棄で悩む人が想像以上に多い

 

ことが分かりました。当ブログは男性向けですけど、女性からのコメントもチラホラ。こんなに悩んでいる人が多いんなら「サロン作っちゃえ。」と思い、現在企画しております。

婚約破棄経験者サロンとは

婚約破棄者同士が互いに励ましあって"これからの人生を前向きに楽しんでいくため"のオンラインコミュニティです。

  • 婚約破棄されてどうしたら良いか分からない
  • 復縁を考えたいが、どうすれば良いか
  • 頼むから・・・誰か助けてくれ
  • 新しい仲間が欲しい

こんな思いを持つ方々を助けるためにスタートしたいと考えています。

多くの婚約破棄経験者が一人で悩んでいる

私が婚約破棄した時はネット上でもほとんど情報がありませんでした。

「裁判ならうちの弁護士法人を使ってね。」のようなビジネスライク情報が大半で、

「俺も婚約破棄したんだ。」「こうやったら立ち直れるぞ。」というポジティブな話はゼロ。デリケートな問題なので人に相談できず、ネット上で公表できないためです。

 

私が婚約破棄から立ち直れたのはたまたま仲間ができたため。

 

一緒に戦ってくれる人が居なければ、生きようとする気持ちも無かったでしょう。バーに行くとか、前向きに挑戦することもできなかったかもしれません。

 

婚約破棄者が集まるサロンがあれば「仲間」には困りません。経験者だからこそ、デリケートな話題も相談できます。

「孤立」しないために情報を交換する

オンラインサロンなので地方でも《孤立》しません。婚約破棄者と言っても年齢も違えば性別も違います。自分と違った価値観と出会うことで自分の失敗や婚約破棄の原因に気付けます。

 

一人きりで悩むと必ずネガティブな心境になります。ネット上でも自分の感じたことを知ってもらうだけで救いになります。辛くて家に引きこもってしまう時。オンラインサロンなら孤立する不安はありません。

婚約破棄経験者サロンで実践したい活動

婚約破棄経験者サロンでは

  • 自己紹介スレッド
  • 悩み相談スレッド
  • 気持ち共感スレッド
  • 挑戦して楽しかったことスレッド

のように、婚約破棄経験者が気持ちに応じて書き込みできるようなスレッドを用意します。

また、オフラインでのイベントも考えています。サロンメンバーでの忘年会や相談会など、リアルの出会いにもつなげていければと考えています。

基本無料、連絡者のみ参加

デリケートな問題なので「誰でも参加」「誰でも閲覧可能」は控えたいと考えています。当ブログやツイッターで応募ページへのリンクを作りますので、そちらより私宛に応募してもらうことでコミュニティへ招待します。

質問に関してもお問い合わせページを作りますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

※サロンの代わりとして『公式ツイッター』を開設しました。

 

婚約破棄ブログLiveToday(@livetoday77)です。

 

こちらのアカウントには婚約破棄された人・婚約破棄に理解のある人しかフォローしません。なので、こちらのフォロワーさんたちとフォローし合うことで交流して頂ければと思います。

次の結婚への不安が強くて一歩を踏み出せないあなたへ

婚約破棄されたショックで恋愛に踏み出せずタイミングを逃してしまったあなたへ。

当ブログを書いている私も婚約破棄後5年苦しんで結婚しました。結婚に恐怖もありましたが、新たに守りたいものができる喜びは婚約破棄のつらさを消してくれました。

自然恋愛に不安があるのなら結婚相談所の利用も手段の1つです。現在はわずか2万円ほどで6名の人を紹介してくれます。アドバイザーとも相談しつつ、あなたの心の穴を埋めてくれる良い出会いにつながります。

どうか結婚を諦めることはやめてください。それはあなたの人生のピースを捨ててしまうのと同じです。

婚約破棄直後に

1

当ブログをご覧になっていると言うことは、女性から婚約を破棄されたことと思います。 今、あなたは頭の中が真っ白になりどうして良いか分からない状況です。そして、悲しさや怒りの入り混じった不安定な精神状態で ...

2

婚約破棄のゴタゴタが終わった後って疲れますよね。復縁も考えたでしょうし、家族や上司への報告も気を使います。友人からのアドバイスも終わり「さぁ何をしよう。」と思います。 ここで私はつまづきました。自分は ...

-Live todayの活動

Copyright© Live today , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.